イメージ画像

生後100日たったらお食い初め

お食い初めは、赤ちゃんの時に行う、一生に一度きりの儀式・しきたりです。

生後100日から120日ごろに行われる事が一般的であるため、
「百日祝い」(ももかいわい)とも言われています。

赤ん坊画像

平安時代頃から続く、長い伝統がある儀式とのこと。

各地方・地域によって呼び名や、行事のやり方にもバリエーションがあり、箸揃え、箸祝い、歯固め、真魚始めなどとも呼ばれています。

数ヶ月間、無事に成長してきた事に対するお祝いであり、
終生、豊かな食生活を送れるようにと願う儀式です。

スポンサーリンク

生後100日目頃は、ちょうど赤ちゃんの食事が、徐々にミルクから離乳食へと切り替わっていく時期であり、また、赤ちゃんによっては、そろそろ可愛らしい歯が顔を出し始める時期にも当たるかと思います。赤ちゃんの幸せと健康を願う素敵なしきたりですよね。

お食い初めは、盛大に行うのではなく、祖父母や近しい親族を招く程度で、
ごく内輪でささやかに行うやり方がポピュラーであるとの事です。

日数の数え方は?

ところで日数の数え方については、誕生日を含めるかどうかで変わってくる訳ですが、必ずキッチリと100日目に行わないといけないという事は無いと思いますので、数え方には、あまりこだわらなくても良いと思います。また、やり方も含めて、各地方のしきたりや、ご両親や年長者の方たちの意見をご参考にされてはいかがかでしょうか。

しきたりのやり方

伝統的・一般的なお食い初めのやり方としましては、お膳に料理を並べて、祖父母もしくは年長者が赤ちゃんを膝に抱いて、 食べさせる「まね」をさせます。

そして、この儀式を終えた後、出席者たちは食事を始めます。

なお、この時の料理のお膳のポイントとなる食材・アイテムは、鯛と石でしょう。

お膳の料理

お祝い料理の定番である、尾頭付きの鯛(焼き魚)、赤飯、そして、すまし汁(お吸いもの)、煮物、香の物といったところが、一般的・基本的なお食い初めのメニューです。いわゆる一汁三菜の献立ですよね。

家族イラスト

料理の素材については、その季節の旬な食材や、縁起の良いとされる食材などを使用します。

具体的なメニュー・献立については、各地方や家によって、独自のしきたりがあるでしょう。例えば、鯛の代わりに他の魚や伊勢海老にしたり、ご飯を、白飯や栗や豆のご飯にするご家庭もあるようです。

食べる順番があります

お食い初めの儀式のメインイベントは、赤ちゃんに「食べさせるまね」をさせる事です。

長寿を願う趣旨で、祖父母や親類の年長者の方に「食べさせる役」お願いするのがしきたりです。
そして、この役の人を「養い親」と言います。

養い親は、赤ちゃんを膝に抱いて箸を持って食べさせます。箸を赤ちゃんの口に運んで、触れる感じです。そして調べてみますと、 料理には食べる順番があるのだそうです。

①ご飯  ②汁物  ③ご飯  ④焼き魚  ⑤ご飯  ⑥汁物

上記 ①~⑥ の順番を 3回繰り返すやり方があるとの事です。

この行事を終えた後、大人たちは食事を始めます。

そして一般的に、この順番による食べさせ方は、
赤ちゃんを歯固めの石に触れさせた後に行うようです。

スポンサーリンク

歯固めの石について

お食い初めにとって欠かせないアイテム、それは、 です。

「食べさせるまね」をする前に、「歯固めの石」を使って簡単な儀式を行います。

生後100日経つと、乳歯が生え始める赤ちゃんもいる訳ですが、
丈夫で健康的な歯に成長する事を願う意味で、古来から行われていたようです。

儀式のやり方

お膳のお皿やお椀、もしくは杯などに、小石を3つ載せます。
そして、小石に箸を付けてから、赤ちゃんの歯茎にそっと触れます。

小石は、何でも良いと言うものではないようで、神社の境内の石を用いるのが宜しいようです。
例えば、お宮参りをしたときの神社などに行かれてみてはいかがでしょう。

そして、お食い初め式を終えた後日、神社の境内などへお借りした石を返しに行きます。(奉納)

ちなみに地方によっては、梅干、栗、蛸を用いるお食い初めのやり方もあるそうです。

赤ちゃんはいはいイラスト

次のような「百日祝い」アイテムを利用すると、
便利で確実に用意出来ます。

amazon.co.jp Yahoo! shopping
お食い初め 特集 食器セット 特集
料理と石のセットや、キャラクター食器、漆塗り・家紋入りなど、豊富にラインナップされています。 (柳箸・歯固めの石)は¥1,000程度から。(初膳の食器セット)は¥3,000代より~。

このページの先頭へ